水道管の水抜き方法

その他のその他設備のお手入れ

冬期に旅行などで家を留守にすると、凍結により水道管が破損することがあります。
快適な暮らしを損なうばかりでなく、修復のための思わぬ出費も招きます。
凍結が予想されるときは、次のような方法で必ず水道管の水抜きを行ってください。

水道管の水抜き

1 水抜栓

はじめに水が出ることを確認してから各蛇口を閉めてください。次に、水抜栓を右(または「とまる」「水抜」)の方向に回します。

2 台所・洗面所・浴室・洗濯機置場など

それぞれの蛇口を開けます
(2階も忘れないでください)。

3 エアーカラン

天井を向いている蛇口(エアーカラン)を開けます。(2) の前に開けると水が噴き出ることがありますのでご注意ください。

自動吸気弁が付いている場合は省略します。

4 洗面所・台所内部

洗面所・台所
下に何か水受けを置いてから、水抜用蛇口を
開けてください。
浴室・台所
水抜用ネジをゆるめて水を出し、ホースは床に
置いてください。

5 ボイラー回り

それぞれ次のように水抜き操作をしてください。

減圧弁

弁を押し込んで水が完全に出終わることを確認してから、元の状態に
戻してください。

安全弁

レバーを立てて空気を入れます。水抜き完了後、レバーを戻します。

給湯ボイラー

排水バルブを開けます。

(注)
2日以上の不在でボイラーの排水をするときは、ボイラーのスイッチを
先に切ります(コンセントは抜かないでください)。

ボイラーの種類によって水抜き方法が異なる場合があります。
それぞれの機器の取扱説明書を参照してください。

トイレの水抜き

次の手順で行ってください。

1.
水抜きをする前に水が出ることを確認します。
2.
水抜栓を閉めます。
3.
ロータンクのレバーのストップボタンを押し、レバーを「大」の方に
回してタンクの中の水を空にしてください。
(注)
2日以上不在の場合は、便器の中に不凍液を入れてください。
他の排水口についても同様です。

水道管が凍結・破損してしまったら?

熱湯はかけないで

凍結した場合は、水道管にぬるめのお湯をゆっくりかけてください。凍結で水道管が破損してしまったときは、至急、水道工事店、またはセキスイファミエスにご連絡ください。有料工事となります。

注意事項

破損の原因になります

水道管が凍結した場合、熱湯はかけないでください。
急激な膨張で水道管が破損する恐れがあります。

その他のその他設備のお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」