障子の張り替え

その他の和室のお手入れ

障子紙も汚れますから、年に1度は張り替えたいものです。
障子の張り替えはコツさえ覚えれば、案外簡単にきれいに貼れるものです。
ぜひ挑戦してみてください。

張り替えの手順とポイント

障子紙は昔は巻紙式のものを貼っていましたが、現在は1枚貼りが主流です。
要領さえつかめば、1枚貼りのほうが簡単にきれいに貼ることができます。

古い障子紙をはがす

1.
障子をはずす。
2.
水を含ませたスポンジやハケで紙の上から棧を十分にぬらす。
3.
5分ほどおいて古いのりがふやけたら、端から丁寧にはがす。
4.
はがし残りの紙やのりをぬれ雑巾できれいにふき取る。
(この機会に棧の隅の汚れもきれいにふきとっておく)
棧まで水が浸透するようスポンジや
ハケには水をたっぷり含ませる

紙の位置を決める

1.
床に新聞紙を敷き、障子を寝かせ、その上に障子紙を広げる。
2.
貼り始めの紙の中心をセロハンテープで留め、障子の縦枠と紙が
平行になるようにして位置を決める。
3.
中心と左右2ヵ所もセロハンテープで固定し、紙は巻き戻しておく。
紙の位置を決めA B Cの3ヶ所で留めておくと、
後で曲がりやしわが出ない

棧にのりをつける

1.
のり容器の先端のガイドを棧の角に合わせる。
2.
幅1〜2mmを目安にのりをつける。縦と横の棧が交わる部分や枠の紙じゃくり(一段低くなったのりしろ部分)には、心持ち多めにつける。
水溶きのりはバットなどの容器の中で、重湯くらいの固さになるまで水でのばして使う。
のり容器の先端のガイドを棧に沿わせて
引きながら、のりをつけていく
水溶きのりの場合は、ハケでトントンと
たたくようにしてつける

紙を貼る

1.
巻き戻してある障子紙をゆっくり転がしながら、引っ張り加減に
貼っていく。
2.
のりがよくつくように、棧の上で軽く手で押さえる。
棧の上を押さえながら、ゆっくりと
引っぱりながら貼るのがコツ

紙を切る

1.
のりが半乾きになったら(ぬれていると切りにくく、完全に乾くと切った紙がはがせない)、紙じゃくりにそって定規を当て、余分な紙を切り落とす。
2.
枠についた余分なのりを、固く絞った雑巾でふき取る。
カッターは垂直にたてずに少し寝かせて
使うと切りやすい

霧を吹く

障子紙にしわやたるみがある場合は、霧吹きで霧を吹きつけると
乾いたときにピンとなる。

立てかけてみて、しわやたるみがあれば
軽く霧を吹きつけておく

ここでは1枚貼りの方法を紹介しましたが、巻紙式障子紙の場合は下のほうから順に貼っていくと、
紙が重なる部分にホコリが溜まることがありません。

雪見障子のはずし方

雪見障子の上げ下げ障子は、上げたときに滑り落ちてこないよう、板バネで棧の溝に押しつけられています。
まず上げ下げ障子を上下の中間の位置まで引き上げ、引き手と反対側の棧に強く押しつけます。板バネが伸び、上げ下げ障子が棧の溝に深く入り、反対側がはずれて出てきます。

棧の溝は上下の中間の位置が最も深いので、この位置だと比較的らくにはずせます。
上げ下げ障子を上下の中間の位置で引き手と反対側に強い力で押すと、板バネが伸びて障子がはずれる

注意事項

注意しましょう

障子の枠は洗わない。ひなたで乾かさない

古い障子紙をはがすとき、水で洗うのは避けてください。
また障子をひなたで乾かすのも避けてください。棧にくるいが生じることがあります。

その他の和室のお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」