外壁のお手入れ

その他の外まわりのお手入れ

日の当たらない外壁に、カビやコケは生えていませんか。
カビ・コケは放っておくと次第に範囲を広げてしまいます。
目の届きにくい場所ですが、定期的に点検し、お手入れしておきましょう。

ふだんのお手入れ

外壁の周囲は風通しをよくする

北側の日が当たらない壁や、植え込みの近くの壁は、じめじめとしていてカビやコケが生えやすいところです。カビやコケを防ぐには、外壁の近くの植え込みをこまめに刈り込んだり、物を置かないようにして、いつも風通しをよくしておくことです。
コケはしだいに壁づたいに広がるので、定期的に家の外側も点検し、少しでもカビ・コケを見つけたらすぐに落としておきましょう。

季節に1度は水洗いをする

外壁はアクリル系弾性塗料仕上げされていますので、ふだんのお手入れは水洗いが基本です。
季節に1度、ホースで水をかけながら洗車用のやわらかいブラシやスポンジで、ほこりや泥を洗い流します。水洗いで落ちない場合は、中性洗剤をぬるま湯に溶かしたものをブラシなどにつけてこすり、その後に水洗いをして洗剤分を落とします。自然乾燥となりますから天気のよい日を選び、砂ぼこりの舞うような日は避けるようにしましょう。

カビ・コケの落とし方

カビ取り剤で落とす

水洗いやこすっただけでは落ちないカビやコケは、カビ取り剤で落とします。

1.
壁面のカビやコケにカビ取り剤をスプレーします。
2.
10〜15分ほど経ってから、やわらかいブラシかスポンジで、カビを
こすり落とします。
3.
最後に洗車ブラシなどで水洗いをしてカビ取り剤をきれいに
洗い流します。
カビやコケにカビ取り剤をスプレーし、
10〜15分待ってからこすり落とす
最後にホースで水をかけながら、洗車用ブラシで
カビ取り剤を洗い流す

内外装専用の洗浄剤で落とす

もう一つのカビ・コケを取るときの効果的な方法は、建物の内外装専用の
洗浄剤を使って落とす方法です。

1.
洗浄剤を水で10〜20倍に薄め、スポンジにつけてカビやコケの上に
塗布します。
2.
2〜3分経ってから、やわらかいブラシやスポンジなどで
こすり落とします。
3.
最後に水洗いして洗浄剤をきれいに落とします。
洗浄剤は10〜20倍に薄めて使う。ガンコなカビの
場合は少し濃いめにする
洗浄剤をスポンジにつけてカビやコケの上に塗り、
2〜3分経ってからこすり落とす

注意事項

注意しましょう

固いもので強くこすらない

壁面を固いもので強くこするとキズがつきます。
やわらかいブラシかスポンジを使用し、金属タワシやワイヤーブラシは絶対に使わないようにしてください。

カビ取り剤や洗浄剤を使うときはゴム手袋を着用する

カビ取り剤や内外装専用洗浄剤は肌に刺激を与えます。
ゴム手袋を着用して作業をするようにしましょう。

脚立を使うときは足元に注意

高い位置のカビ・コケ落としで脚立を使う場合は、地面の平らな部分に置いて安定させるようにし、
足元に十分注意してください。

外壁の塗り替えは10年が目安

外壁は紫外線や雨風を受けて時間とともに少しずつ傷んできます。見た目の美しさはもちろん、住まいを長持ちさせるためには、定期的に外壁を塗り替える必要があります。周辺の環境によっても異なりますが、塗り替えの目安はおよそ10年です。入居後8年を経過したら、1度セキスイファミエスにご相談ください。
汚れが目立つがまだ塗り替えるには早いという場合は、外壁全体を高圧洗浄する方法があります。見違えるようにきれいになります。費用も塗り替えより低額ですから、入居後5年を経過したらセキスイファミエスにご相談ください。

その他の外まわりのお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」