レンジまわりの掃除

その他の冬のお手入れ

こまめにお掃除しているつもりでも、どうしても油汚れがたまってしまうレンジまわり。
1年の終わりに、ふだんは省略しがちなところもキレイに掃除しておきましょう。

Point1 ガスレンジ

外せる部品は外して
つけ置き洗いします。

大きめの容器またはシンクにポリ袋を広げてぬるま湯を入れ、つけ置き洗い用の洗剤か台所用中性洗剤を溶かします。そこに、外したゴトクやプレートなどを入れて30分以上おき、汚れがゆるんだらスポンジなどでこすり落とし、最後に水洗いします。

外せない部分は洗剤を
「湿布」します。

レンジの外せない部分には弱アルカリ性の住居用洗剤をスプレーし、ラップかティッシュペーパーをかぶせて「湿布」すると効果的。30分以上おいて汚れがゆるんだらボロ布などで拭き取り、さらに水拭きして洗剤分をキレイに落とします。

バーナーや温度センサーの
汚れも取り除きます。

煮こぼれするとバーナーの炎口が詰まり、炎が不揃いになることがありますから、外してバーナー用ブラシで掃除しておきましょう。点火プラグや温度センサーも、汚れがつくと正常に作動しなくなるので、傷つけないよう注意しながらやわらかい布で拭きます。

Point2 IHクッキングヒーター

軽い油汚れは中性洗剤を
つけて拭き取ります。

IHクッキングヒーターのトッププレートは、凹凸がない分、ガスレンジよりお掃除はラク。軽い油汚れなどは、台所用中性洗剤を水で薄めたものをふきんにつけて拭き取ります。その後、水拭きして洗剤を落とし、最後にから拭きしておきます。

ガンコな汚れはクリーム
クレンザーとラップで。

トッププレートの汚れがなかなか取れないときは、トッププレート専用のクリーナーかクリームクレンザーをつけ、まるめたラップで円を描くようにしながらこすり落とします。この場合も、水拭き、から拭きをして仕上げます。

魚焼き用グリルは
部品を外して洗います。

グリルの扉・焼き網・受け皿などを外し、台所用中性洗剤を水で薄めたものをスポンジにつけて洗います。汚れがこびりついている場合は、しばらく洗剤液につけ置きすると(Point1参照)落としやすくなります。最後に、水で洗剤をキレイに洗い流します。

Point3 レンジ周辺

カウンターのガンコな汚れはクリームクレンザーで。

カウンターの素材は、ステンレス・ポストフォーム・人造大理石の3種類。どれも軽い汚れならお湯拭きか台所用中性洗剤で落とせますが、ガンコな汚れはクリームクレンザーか微粒子のクリーナーをスポンジにつけてやさしくこすり落とし、その後水拭きします。

レンジまわりの壁は
住居用洗剤を「湿布」。

壁のベタベタ汚れには「湿布」が効果的。弱アルカリ性の住居用洗剤をスプレーし、上にラップかティッシュペーパーを張り付けます。しばらくおいて汚れが十分にゆるんだらボロ布などで拭き取り、最後に水拭きしておきます。

スポット汚れはヘラで
こそげ落とします。

油はねが壁などにカチカチにこびりついているときは、湿布の前にプラスチックのヘラなどでこそげ落としておくと、効率よく落とせます。ただし、力を入れすぎると壁の素材を傷つけることがあるので、加減しながらこするようにしてください。

ここに注意!

注意しましょう

  • ガスレンジやIHクッキングヒーターのお手入れは、器具がある程度冷めてから行うようにして
    (IHクッキングヒーターは必ず電源を切る)、やけどにご注意ください。
  • ガスレンジやIHクッキングヒーターのお手入れに金属たわしやナイロンたわし、みがき粉などを使うと
    表面を傷めることがあるので使用しないでください。
  • ガスレンジやIHクッキングヒーターのお手入れに、酸性やアルカリ性の強い洗剤を使うと変色することがあるので
    使用しないでください。
  • ガスレンジの温度センサーが汚れていると、天ぷら油加熱防止機能が働きません。
    汚れを落とし、上下にスムーズに動くことを確認してください。

ガスレンジのお手入れ目安

使用のつど掃除・点検。1〜2年で電池交換、8〜10年で取り替え。

IHクッキングヒーターのお手入れ目安

使用のつど掃除・点検。10年程度で取り替え。

こんなときはセキスイへ

古くなったガスレンジを新しいものに交換されたり、
ガスレンジからIHクッキングヒーターに交換されたいという場合は、お気軽にセキスイまでご相談ください。

知ってると便利 IHの汚れ防止法

IHクッキングヒーターで調理する際、底が汚れた鍋を置いて加熱すると
トッププレートに汚れが焼き付き、取れにくくなります。
調理の前に鍋底をチェックし、煮こぼれなどが付いていたら
キレイに落としてから調理を始めるようにしましょう。
後々のお手入れがラクになります。

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」