雨戸・シャッターのお手入れ

その他の雨戸・シャッターのお手入れ

雨戸やシャッターは、ついお掃除もとどこおりがちですが、定期的に汚れを落として、きれいしておきましょう。
戸車やレールは、きちんとお手入れしておくと、いつでもスムーズに開け閉めできます。

ふだんのお手入れ

週に1度はからぶきを

雨戸やシャッターはスチール製ですから、汚れたままにしておくと、サビや腐食をまねいてしまいます。週に1度くらいは、やわらかい布でからぶきし、外側についたホコリや砂をサッと払っておきましょう。雨の後など、泥はねがついたときは、固く絞った雑巾で水ぶきして落とします。
また、雨戸のレールの溝や戸袋内に落ち葉などが入り込んでいたら、取り除いておきましょう。

レール・戸袋・戸車には定期的に潤滑剤を

レールや戸袋、戸車の心棒には、定期的に潤滑剤を吹きつけておきましょう。レールを傷つけることもなく、雨戸がスムーズに移動します。
シャッターの場合は左右のガイドレールやロック部に潤滑剤を吹きつけておくと、異常音が発生することなく、スムーズに上げ下げできます。

レールの溝にたまった砂やホコリは専用ブラシで
隅に寄せ、掃き出します
濡れぞうきんをレールに当て、その上から
わりばしを押しつけレール方向に拭き取ります
1年に1度は、潤滑剤を吹きつけておくと
開閉がスムーズになります

汚れやサビの落とし方

半年に1度は洗剤で洗って、こびりついた汚れを落としましょう。
また、サビが出たときは、早めに手当をしておきましょう。

雨戸をはずして洗う

1.
雨戸をはずします。雨戸を戸袋から出してレールの中央付近へ移動し、室外側から障子や襖をはずす要領で持ち上げればはずれます。
商品タイプによって異なる場合があります。
2.
はずした雨戸を立てかけ、中性洗剤をぬるま湯で薄めたものを
スポンジにつけて汚れをこすり落とします。
3.
ホースで水をかけながら、洗車ブラシで洗剤を洗い流します。
4.
水気が乾いたら、全体にカーワックスを塗っておくと水気やホコリが
つきにくくなります。

シャッターを洗う

シャッターは、下ろした状態で外側から洗います。ただし、ホースで水洗いするときは、上部のシャッターボックス内に水が入らないように注意してください。

シャッターを洗うときはシャッターボックス内に
水が入らないように

雨戸、シャッターのサビを落とす

1.
280〜320番くらいのサンドペーパーでサビをこすり落とし、
表面を平らにします。
2.
同系色のアクリル樹脂系水性塗料を少し厚めに塗っておきます。
サンドペーパーで、周囲をキズつけないよう
注意しながら、サビを完全に落とす

注意事項

注意しましょう

金属タワシなど、固いものでこすらない

雨戸やシャッターのお手入れには、金属タワシやスチールウールは使わないでください。
表面にキズがつき、塗膜がはがれることがあります。

無理な力でネジ山をつぶさない

戸袋ガイドのネジが錆びてなかなかはずれない場合は、ネジに潤滑剤をさし、しばらくおいてからはずします。
無理に力を入れてネジ山をつぶさないようにしてください。

シャッターボックスには水をかけない

シャッターにホースで水をかけるときは、シャッターボックス内に水が入らないように注意してください。
内部の駆動部品や電子ユニットが故障する恐れがあります。

その他の雨戸・シャッターのお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」