セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

日常のトラブルも、実は補償範囲!?火災保険を確認しよう

2019年
春号掲載
記事
ハーモネート誌
「暮らしのマネー知恵袋」

補助金やローン返済、保険など、住まいにまつわるお金についてファイナンシャルプランナーが事例を元に解説。第一弾は、補償範囲の広さが魅力の火災保険がテーマです。
※記事内容はハーモネート掲載当時のものです。

SECTION 01

火災保険が使える可能性があるケースはどれ?

  • 隣のお宅との境目にある
    自宅のフェンスが強風で
    倒れてしまった
  • カーポートの屋根が強風で
    めくれ上がってしまった
  • 強風で屋根の上のアンテナが
    ゆがんでテレビが映らなくなった
  • 車庫にとめていた自転車が
    強風で倒れて壊れてしまった
  • 子供(幼稚園児)が壁に
    油性ペンで落書きをしてしまった
  • 椅子のささくれに、スーツが
    ひっかかって破けてしまった
  • ゲームコントローラーが手から
    すっぽ抜け、液晶T V の画面を
    割ってしまった
  • 大掃除中、テーブルが窓に当
    たり、ガラスにひびが入ってし
    まった

すべて火災保険の補償対象の可能性があります。(必ず対象になるわけではありませんのでご注意ください)

SECTION 02

火災だけでなく、台風の被害や日常生活のリスクもカバーしてくれる

家を建てた際に、必ずといっていいほど加入する火災保険。その名称から火事のときの保険と考えがちですが、実は自然災害から日常生活のリスクまで、広くカバーしてくれる使い勝手のよい保険です。

たとえば昨年は全国で台風による被害が多発しましたが、火災保険は「風災」による被害も補償対象。修理・新規購入費用を保険金で賄えるケースがあります。

また「不測かつ突発的な事故」に対して保険金が出るオプションも。たとえば「化粧品の瓶を落として洗面ボウルにひびが!」などの日常のアクシデントが対象です。

さらに「電気的・機械的事故特約」があれば食洗機・床暖房・浴室乾燥機などのビルトイン機器の修理代が補償されるケースも。火災保険は予期せぬ出費から家計を守ってくれる心強い味方なのです。

Q1.

保険を使わず修理した。今から請求は無理?

保険の請求権の時効は2年。さかのぼって請求できますただし、修理や新規購入にかかった費用の領収書が必要です。

Q2.

支払われる保険金の額はどうやって決まるの?

修理前の場合は修理業者が作成する修理見積書、修理・新規購入後の場合は費用の明細書などを参考にして、支払われる保険金が算出されます。

Q3.

強風による被害額19万円が補償対象外!理由は?

風災・雪災・ひょう災の免責金額が20 万円に設定されているフランチャイズ方式(※)の保険の可能性があります。契約内容の確認を。

※損害額が20万円に満たない場合は保険金が支払われず、20万円を超えた場合は損害額の全額が支払われるなどの制約がある保険

Q4.

保険は一度使ったら保険料が上がるのでは?

自動車保険と異なり、火災保険は契約期間中に何度請求しても、更新時に保険料が上がることはありませんのでご安心を。

SECTION 03

契約書の場所と内容を確認しましょう。長期契約の場合は内容の見直しを

火災保険の補償内容は会社・商品・加入時期によって異なります。思い当たる修理・購入費用がある場合は自己判断せず、気軽に保険会社や販売代理店へ問い合わせを。また、この機会に一度、契約書の保管場所を確認しておくと安心です。

現在の火災保険は最長10年での契約が一般的ですが、かつては36年一括払いが主流でした。一方で保険商品はより柔軟に補償を選べる形へと年々進化しています。「家を建てて以来、ずっと同じ契約内容のまま」という方は一度、補償範囲が今の生活に合っているかどうか見直してみるとよいでしょう。

火災保険は期間途中で解約しても、残りの保険期間に相当する金額は未経過保険料として返還される仕組み。新しい保険に入り直す際の資金に充てることができます。

火災保険は「建物」と「家財」の2つでできている

火災保険は一般的に「建物」と「家財」が補償対象ですが、なかには建物だけが対象になっているというケースも。その場合は、万が一のときの家具や電化製品の修理・購入費用が補償されないことになります。いま一度、契約内容の確認を。

SECTION 04

今回のまとめ

  • 加入している保険内容を確認
  • 2年以内の未請求修理などは申請
  • 古い保険は契約の見直しを
大矢智之 先生

(CFPファイナンシャルプランナー・1級ファイナンシャルプランニング技能士)
大手住宅メーカーで10年間、注文住宅の販売に従事した後、FPに転身。住宅購入コンサルティング実績は2000組以上。保険の見直しや家計診断、セミナーや研修をてがける。

お役立ちの最新情報をお届け!

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

オーナーサポート

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅