ブラインドのお手入れ

その他のカーテン・ブラインドのお手入れ

ブラインドはお掃除を敬遠しがちなところ。
気がついたら羽根に汚れがこびりついてしまっていることがよくあります。
上手な汚れ落しのコツを覚えておきましょう。

ふだんのお手入れ

週に一度、ホコリを払う

週に一度は、サッとホコリを払っておきましょう。ブラインドを下まで全部下ろし、羽根を閉じた状態にして、ポリバタキやハンドモップで上から順にホコリを払います。片側が済んだら、羽根を裏返してもう一度。これできれいになります。羽根をはさみ、左右にスライドさせるだけできれいになるブラインドクリーナーも便利です。

季節に一度は水ぶきを

こまめにホコリを払っていても、徐々に羽根は汚れてきます。季節に一度、固く絞った雑巾でふいておくと汚れがこびりつくことがありません。羽根を閉じ、裏にダンボールなどの板状のものをあててふくと、羽根が揺れないで力を入れてふくことができます。
ブラインドは汚れがこびりつくと、落とすのは大仕事です。できるだけこまめにお掃除しておきましょう。

こびりついた汚れの落とし方

軍手を雑巾代わりに利用する

羽根が揺れたりペコペコしたり、ふき掃除がしにくいブラインドですが、
軍手を雑巾代わりに使うと、こびりついた汚れもらくに取れます。

1.
住まいの洗剤を水で薄めたものを用意します。
2.
軍手をはめた手を洗剤液に浸した後、指先で羽根を挟み、汚れを
ふき取ります。
3.
汚れが取れたら水ぶきして洗剤を落とします。
ゴム手袋の上から軍手をはめ、指で羽をはさんで
1枚ずつふいていく

全体が汚れたときはブラインドをはずして丸洗い

汚れがブラインド全体にこびりついたときは、はずして丸洗いすれば、
すっきりきれいになります。

1.
ブラインド本体をはずし、浴室の床に広げます。
2.
羽根を閉じ、住まいの洗剤をつけたスポンジで両面を洗い、その後に
水洗いをします。
3.
乾いた布で軽く水気をふき取り、元通りに取り付けたら、羽根を開けた
状態で乾かします。
洗剤で汚れを落とした後は、ホースやシャワーを
使って水洗いして洗剤を落とす

注意事項

注意しましょう

羽根で手を切らないように

ブラインドのお手入れをするときは、軍手やゴム手袋を着用し、
羽根で手を切らないよう注意しましょう。

浴室のブラインドをはずすときは足元を安定させて

浴室のブラインドをはずすときは、浴室に足場になる板などを渡して、足元の安全に注意しましょう。
二人でブラインドを支えながら作業すると、安全でらくにできます。

その他のカーテン・ブラインドのお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」