キッチン換気扇の掃除

その他の冬のお手入れ

レンジまわりをキレイにしたら、キッチン換気扇も分解掃除しておきましょう。
油汚れが付いたままだと換気効率が悪くなるばかりか、モーターにも負担がかかります。

Point1 深型レンジフードファンを分解する

電源を切り、「フィルター」を外します。

キッチンの換気扇にはいくつかのタイプがありますが、現在はこの深型が主流です。次の手順で部品を外してください。まず電源を切り、上図のようにフィルターの取っ手を持って押し上げてから、手前に引きます(ビス留めタイプは、ビスをゆるめて外します)。

ネジを回し、「ベルマウス」を外します。

次に、蝶ネジ(またはビス)を外し、輪形をした「ベルマウス」を外します。このとき、外したネジをなくさないよう気を付けてください。なくしてしまうと、取り付けの際に困ります。

最後に「羽根」を
取り出します。

羽根を固定している中央の「スピンナー」を「ユルム」の方向に回して外し、回り留めワッシャーも外してから「羽根」を取り出します。羽根は意外に重いので、足の上などに落とさないようご注意ください。

Point2 その他のファンを分解する

浅型レンジフードファンは
「油受け」から外します。

浅型は、深型と違い羽根が水平に付いているタイプで、キッチンの設置場所によっては、この浅型が取り付けられています。まず電源を切り、「油受け」を留めている3本のネジを外し、「油受け」を90度に開いた状態で蝶番から外します。

浅型レンジフードファンの
「羽根」を外します。

次に、片手で羽根を支えながら「スピンナー」を「ユルム」の方向に回し、「羽根」を外します。なお、'00年以降設置の浅型レンジフードファンは、内部を掃除する必要はありませんので分解しないでください。お手元の「お手入れ読本」でも、ご確認いただけます。

プロペラ式ファンの
「羽根」を外します。

オーソドックスなタイプの換気扇で、仕組みはとてもシンプル。まずファンの電源を切り、油だまりが付いていたら先に外します。次に中央の「スピンナー」を「ユルム」の方向に回して外し、羽根を手前に引き抜きます。パネル下部のネジをゆるめ、パネルも外します。

Point3 外した部品はつけ置き洗い、外せない部分は洗剤湿布を

洗剤液に30分以上つけ置きした後、洗います。

洗い桶、またはシンクに40〜50℃のお湯をため、中性洗剤を入れてよくかき混ぜてから、外した部品を沈めます(ポリ袋を敷いておくと後始末がラク)。30分以上つけ置きし、汚れがゆるんだらスポンジや歯ブラシでこすり落とし、最後に水でキレイに洗い流します。

外せない部分は、洗剤を
「湿布」すると効果的。

軽いベタベタは洗剤液を付けて拭けば落ちますが、頑固な汚れは洗剤液をキッチンペーパーに含ませて湿布します。30分ほどおき、お湯で絞った布で拭き取るとキレイに。なお、モーターに洗剤がつかないようラップで保護を。

不織布のカバーで
油をシャットアウト。

レンジフードフィルターはもっとも油汚れが付きやすいところですが、上のように不織布の油とりカバーを併用すれば、油が内部に入り込むのを、かなり防げます。また、フィルターが目詰まりし、洗ってもキレイにならない場合は、新しいものに交換しましょう。

ここに注意!

注意しましょう

  • お掃除は、必ず換気扇のスイッチ、またはブレーカーを切ってから行ってください。
  • 金属部分の端でけがをしないよう、ゴム手袋を着用してください。
  • モーターやスイッチに水や洗剤がかからないよう注意してください。
  • お掃除後は、ファンを回して異音や振動がないか確認してください。
  • 高い位置に換気扇がある場合は、安定した脚立や踏み台を使用し、足元の安全に十分注意してください。

換気扇・レンジフードファンのお手入れ目安

月1回、少なくとも年に1回は部品を外して掃除。8〜10年で取り替え。

こんなときはセキスイへ

換気扇がどうしても外れない、作動時に異音がする…といったお困りごとや、
古くなった換気扇を交換されたい場合などは、お気軽にセキスイまでご相談ください。

知ってると便利 油汚れ防止法

換気扇の掃除が終わったら、最後に羽根など汚れが付きやすい部分に
ワックスを薄く塗っておきます。
こうすると素材の表面に膜ができ、汚れが付きにくく、
付いても落としやすくなるので、次回の掃除がラクになります。
水性のフローリング用ワックスやカーワックスのほか、
ヘアリンスや柔軟仕上げ剤なども同様の効果があります。

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」