セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

case52

光が差し込む暮らしで
3世代家族みんなが心も体も元気に

静岡県 / ハイム(パルフェ)

リビングにいるご家族とも会話が
はずむオープンキッチン

これまでの住まい

ご要望
  • 太陽光発電を付けたので、もっと活用したい
  • 古くなった水まわりの掃除を、ラクにしたい
空間的な悩み
  • 玄関奥の空きスペースに置いていた荷物がどんどん増えて、出迎え時の印象がよくない
  • 法事などで使っていた和室は、最近ほとんど使わないまま
  • 独立型のキッチンで、奥さま1人で寂しく料理している
  • お母さまの和室
  • 使われていない和室
  • 玄関から丸見えの物置スペース
  • 孤立してしまうキッチン
これまでの住まいの間取り1F
これまでの
住まいの間取り 1F

リフォームのアイデア

毎日の快適な暮らしを優先した
アーバンモダンテイストのおしゃれ空間に
  • キッチンやバスなど設備を一新したオール電化住宅仕様
  • 動線設計(お母さまの部屋←→水まわり)とバリアフリー化
  • 各部屋ごとに片づけやすさを意識した収納計画
  • 家事スペースと玄関の飾り棚を追加し、新しい空間づくり
リフォームのポイント
改装に当たっては、お母さまの自立した生活や将来の介護に配慮するとともに、モダンな空間をすっきり保てる“適物適所”の収納もポイントに考えました。
セキスイファミエス東海(株)

リフォーム後の暮らし

将来はご夫婦の部屋として、衣装や布団収納もたっぷり

1人で移動できるまでに
お母さまが回復!

お母さまの部屋は南面に移動し、冬でも明るくあったかに。
歩くこともままならず、入浴など補助が必要だったが、
リフォーム後は1人で行えるまでに回復したそう。
ケアマネージャーさんも「以前よりも明るくなった」と驚いておられました。

シンプルモダンなリビング

奥さまも、毎日リラックス

モノトーン調で統一されたLDKにダウンライトでぬくもりをプラス。「夢だったバー風キッチンでワインを楽しんでいます」と奥さま。キッチンの孤立感から解放され、日々の料理を楽しまれています。

沢山食器がしまえ、雑多さを感じさせないキッチン

孫の特等席で会話もはずむ

キッチンから見える場所に作業スペースを追加。近所に住む小学生のお孫さまがランドセルをしまえ、宿題もここで。キッチンにいる奥様からも様子が伺え、お互い安心。パソコンやミシン がけなど奥さまの作業台としても活躍しています。

左側の壁にはホワイトボードを設置し、チラシ類を張れるように
玄関収納たっぷり。正面の飾り棚には季節の花を添えてお迎え。突然の来客でも慌てる心配はありません。
将来、車いすが入ることを想定して出入り口をワイドに。サニタリーとバスもモノトーンで統一感を演出。
背面には消臭効果に優れたエコカラット。独立手洗い場を設け、掃除道具の収納場所も確保しました。

間取りの変化

家事動線が良くなったので動きやすいし、キッチンやお風呂も掃除しやすくなり、
とてもラクになりました。

リフォーム前後の間取りの変化
リフォーム内容
改装内容 LDK改装、キッチン設備交換(クリナップ)、浴室・洗面・トイレ改装、玄関・廊下・階段改装、和室を洋室に改装、オール電化
施工会社 セキスイファミエス東海(株)
住まいデータ
ご家族 静岡県Kさま
建物タイプ パルフェ
築年数 築23年
家族構成 ご主人(56歳)、奥さま(54歳)、お子さま2人、お母さまの5人暮らし

※地域の条件・住宅のタイプ・建物の仕様によっては、同じように対応できないケースもあります。

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

お手入れ

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅