網戸の建て付け調整

その他の網戸のお手入れ

はずれ止めの調整

網戸が外れやすいとき

網戸は、強風などで簡単にはずれないよう、上部に「はずれ止め」が付いています。この位置が低すぎると網戸がレールからはずれやすく、高すぎるとすべりにくくなります。はずれ止めが上部レールに5〜6ミリかかる程度にセットしてください。
はずれ止めの形や仕様は住宅のタイプによって異なりますが、ネジの位置は下のいずれかです。ネジをゆるめ、はずれ止めがレールに5〜6ミリかかる程度に引き上げてから、ネジをしっかり締めてください。

網戸の室外側にネジがあるタイプ
網戸の側面にネジがあるタイプ

戸車の交換

戸車が磨耗・破損していたら

新しい戸車を取り寄せて交換します。戸車には、ネジで止めるタイプと指で差し込むタイプがありますが、おおよそ次の4つのタイプに分類できます。

1=【ネジ止めタイプ】
固定ネジをはずし、新しい戸車に交換します。ネジは1ヶ所のタイプと2ヶ所のタイプがあります。
2=【差し込みタイプA】
戸車の位置にネジも穴もない図2のようなものは、ドライバーでこじるようにして戸車を引き出し、交換します。
3=【差し込みタイプB】
戸車の頭に高さ調整ネジが付いているタイプは、ネジ釘などで両側のツメを押さえて取り出し、交換します。
4=【差し込みタイプC】
網戸下枠の端に小さな穴、側面に白い突起があるものは、突起を指で押し上げ、戸車を90度回転させてから、戸車を下に引っ張り出し交換します。

網戸のお手入れ 動画集

特殊な窓の網戸の外し方

その他の網戸のお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」