キッチン排水口の掃除

その他の夏のお手入れ

キッチンの排水口からは、野菜クズや油などが毎日少しずつ流れ出しています。
排水管に付着して詰まると悪臭の元なので、キレイに掃除しておきましょう。

Point1 排水口の部品を掃除

週に一度は、排水口の
部品を外して洗います。

キッチンの製造時期やメーカーによって部品の形は違っても、排水口の構造はほとんど同じです(上図)。フタ、フタゴム、バスケット(受け皿)、椀型トラップなどを上から順に外し、キレイに洗ってください。トラップは固定されていますが、左に回せば外れます。

中性洗剤を付けて
汚れを洗い流します。

台所用中性洗剤を付けたスポンジや古歯ブラシで外した部品をこすり、水でキレイに洗い流します。トラップの内側はぬめりが付きやすいので、スポンジなどでしっかり洗います。傷付いていたり洗ってもキレイにならない部品は、新しいものを取り寄せて交換を。

排水口の内側も洗い、
ぬめりを落とします。

部品掃除のついでに、排水口の縁や内側に付いたぬめりも洗い流します。とくに中央のパイプ内に付着しやすいので、手が届く範囲をパイプ用ブラシなどで洗います。その際、歯ブラシなど細いものをパイプ内に落とすと、簡単には取り出せなくなるのでご注意を。

Point2 排水ホースの掃除

排水ホースも外して
洗うことができます。

蛇腹状の排水ホースは、内側のひだ部分にどうしてもゴミや汚れがたまりがち。排水ホースは、床下から飛び出している排水管に差し込まれているだけで簡単に外せますから、流れが悪くなったり悪臭が気になるときは、外してブラシで洗うようにしましょう。

ナットを手で回し、
ホースを外します。

ホースを外すには、まずシンクの水を完全に流してから、床面に固定されている防虫カバーと防臭キャップ(付いていないタイプもあり)をホース上部へ移動。その後、ナットを回して外します。ホースとナットが一体になったタイプは、ホースごと回転させます。

ホースの内側を
ブラシで洗います。

外したホースは、中性洗剤を薄めた液の中に漬け、内側をパイプ掃除用ブラシなどでキレイに洗います(金属製ブラシはホースを傷める恐れがあるので使わないでください)。ホースが傷んでいたり汚れがこびりついて落ちないときは、新しいホースに交換を。

Point3 詰まりを予防

目の細かいネットで
ゴミをキャッチ。

小さな野菜クズや茶がらなどは、どうしても水といっしょにバスケットの穴から流れ出してしまいます。それを防ぐために、バスケットには必ずネットをかぶせておきましょう。目の細かいストッキングタイプや不織布製のネットなら、小さなゴミも逃さず効果的です。

鍋や食器に付いた油は
洗う前に拭き取ります。

油分も、水で冷やされると管の内側に付着しやすくなり、排水管を詰まらせる大きな原因に。食器や鍋についた油を含む汚れ(カレーやシチューなども)は、洗う前に新聞紙やカットした厚紙などで拭き取り、シンクにはできるだけ流さないようにしましょう。

定期的にパイプ内を
洗浄します。

洗浄剤としては、安心して使える「重曹+酢」がおすすめ。排水口に重曹1/2カップを振り入れた後、酢1カップを少しずつ流し入れ、30分おいてからお湯で流せばスッキリ。頑固な詰まりにならないよう、月に一度は洗浄しておきましょう。

ここに注意!

注意しましょう

  • 塩素系のぬめり取り剤やパイプ洗浄剤は使用しないでください。ステンレスを傷めるおそれがあります。
  • 排水ホースを洗浄または交換した後は、ナットをしっかり締め、シンクに水を流して水漏れがないか、必ず確認してください。
  • シンク下の排水ホース手前にパネルがビス留めされている場合は、ビスを抜けばパネルが外れます。
    ビスが見当たらない場合は、ムリに外さずファミエスにご相談ください。

キッチン排水口のお手入れ目安

週1回部品を外して掃除。部品が傷んだり、汚れが著しい場合は交換。

こんなときはセキスイへ

排水口や排水ホースをキレイにしてもなお水の流れが悪いときは、排水管の奥が詰まっている可能性があります。
そんなときはムリせず、セキスイまでご相談ください。

知ってると便利 シンクの汚れ防止法

シンクも肉や魚の脂や汚れにさらされているため、
長く使っていると汚れがこびり付き、表面の輝きが消えてしまいます。
そうなるとますます汚れや水アカが付着しやすくなります。
ステンレスがくもってきたかなと思ったら、
超微粒子のクレンザーか重曹で磨きましょう。
光沢がよみがえるばかりか、表面がツルツルになって水はけがよくなり、
汚れも付きにくくなります。

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」