フローリングの補修

その他の洋室・廊下のお手入れ

へこみやキズをつくってしまったら、フローリング専用の補修剤で直しましょう。
もと通りとはいかなくても、ある程度は目立たなくすることができます。

細かく浅いキズの補修

細く浅いキズにはクレヨンタイプの補修剤を塗る

細く浅い筋状のすりキズや引っかきキズには、クレヨンタイプの補修剤を
塗って直します。

1.
フローリングに近い色の補修剤を用意します。(合う色がないときは2色の補修剤を混ぜて色を合わせます。補修剤をカッターできざみ、溶かして混ぜ合わせたものを筆で塗ります)
2.
補修剤がキズの中にしっかり埋まるように、キズと交差させながら
塗り込みます。
3.
補修剤を埋め込んだら、ヘラやプラスチック板などで、盛り上がっている
余分な補修剤をそぎ取ります。
4.
周囲に付着した補修剤をやわらかい布でふき取ります。最後に補修したキズに透明のラッカーやマニュキアを塗っておくと補修面の保護ができます。
合う色がないときは、刻んだ2色の補修剤をスプーンに乗せてライターなどで温め、溶かして混ぜ合わせる
キズと交差するようにジグザグに何度も
往復して塗り込む
新たなキズをつくらないように注意しながら、
余分な補修剤をそぎ取る
透明のラッカーなどを塗っておくと補修面が
保護され、上を歩いても補修剤が取れない

深いキズ・へこみの補修

重いものを落としたり、家具をひきずったりして床が陥没してしまった
状態の場合は、ウッドパテを埋め込みます。

1.
あらかじめカッターでへこんだキズの表面を削って凸凹をつくり、
パテがキズにつきやすい状態にしておきます。
2.
指先をぬらし、指でパテをこねながらへこみに塗りつけ、
埋め込んでいきます。
3.
30分以上おいてパテが完全に乾いたら、サンドペーパーで盛り上がった
パテをこすり取り、パテと床が平らになるようにします。
4.
周囲の床と同じ色になるように、パウダーステインまたオイルステインを重ね塗りします。または何色かのステインを混ぜ合わせて色を合わせます。面積の大きいキズは周囲に合わせて木目を描きます。
へこんだキズの表面を削ってパテが
つきやすくしておきます。
パテは、乾くとやせるので少し
盛り上がるくらいに埋め込む
サンドペーパーは木片などに巻きつけて使うと
平らにこすれる
色を合わせたら、最後に濃い色で木目を
描き入れる

注意事項

注意しましょう

新たなキズをつくらないよう注意

余分の補修剤をそぎ取るときは、
ヘラやサンドペーパーで周囲の床にキズをつくらないよう十分注意してください

パテを埋め込むときは手早く

へこみにパテを埋め込むときは、パテが柔らかいうちに手早く作業してください。
パテはこねた後20分ぐらいから急速に硬化します。

その他の洋室・廊下のお手入れ

そろそろリフォームも考えてみませんか?

セキスイハイム・ツーユーホームのオーナーさま向け
「オーナーひろば」