セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

case99
ピアノが家の中心

ピアノをどこに置こう?
LDKに壁一枚追加し、
絶妙なつながりが生まれた

静岡県/ツーユーホーム NEW A-Ⅱ

インパクトを発揮する
黒いタイル×白い目地

Before

ご要望

  • LDKの真ん中にピアノを置きたい
  • お子さまの成長に伴い、2階が手狭になったため、生活のベースを1階に移したい
  • 明るく、シンプルなテイストでまとめたい

空間的な悩み

  1. 1和室使われていない
  2. 2LDKピアノを置く場所がない
1
2

これまでの住まいの間取り(1階)

After

1
2
3
4
4
5

はリフォーム箇所

LDK中央に、表裏で印象の異なる壁を設置

  1. 1和室から洋室に変更
  2. 2直角だった角を面取り
  3. 3ピアノを置くために、間仕切り壁を設置
  4. 4両側を空け、LDKのつながりを確保
  5. 5奥様ご希望の、シンプルなモノトーンでコーディネート

担当から

LDKの壁際には窓やドアがあってピアノが置けないため、部屋の奥行きを利用し、中央にデザインにも配慮した壁を設けました。

セキスイファミエス東海(株)

ピアノの上のニッチ棚を、
飾るスペースとして活用

リフォーム後の暮らし

ピアノを囲んで家族が一つに

ピアノの調べに家族が酔いしれる

幼稚園の頃からピアノを習っているご長女は、ご自宅ではエレクトーンで練習していました。そんなご長女のためにピアノを購入し、みんなが気軽に弾ける場所に置きたい、というのが一番のご要望でした。

「ダイニングにいてピアノが聞こえてくると、『いいな』と思います。適度に2つに分かれていて、違う空間というのが良いですね。」とお話しするご主人。ピアノの音色で生活に潤いが生まれ、家族が一つになるひとときに充実感を感じるそうです。

艶があるタイルも配し、
ユニークな表情に

シックなレストランのよう

全面に黒タイルを張ったダイニング側の壁。目地を白にすることで、空間を引き締める効果があります。テーブルや椅子も奥様お好みのモノトーンでコーディネート。明るいリビング側とはがらりと印象が変わり、まるでシックなレストランのような佇まいです。

ご主人は、「子どもの友達が来てリビングで遊んでいても、僕らはダイニング側でゆっくりできますし、急な来客でもあわてずにすみます」と、その機能性に大満足のご様子。仕切りながら空間のつながりも生む、絶妙な壁となりました。

ディスプレイ空間を生む、
TV背面のパネル

LDKにずっといます

二世帯住宅の2階が居住スペースだったご家族。数年前にお母様が亡くなられ、空いた1階を家族がくつろげる空間に改装しました。手狭だった2階では、家族全員が一緒に食事をとるのも難しかったとか。

「自分たちの暮らしがより快適になるよう、全体を見直しました」とご主人。ダイニングで食事した後はリビングでゆっくりテレビを観る。自分たちの思い描いたとおりに生まれ変わったLDKで、最高に心地良い時間を楽しまれています。

リフォームで、暮らし豊かに!

  • 和室を改装した子ども室。カーテンはリビングと色違いで黒を選択しました。W.I.C.も設置し、将来はご夫婦の主寝室として使用する予定です。

  • 角を面取りして歩きやすくなった廊下。広く感じられ、見通しも良くなりました。「電話が置ける浅い収納も造ってもらったら、すごく便利!」と笑顔の奥様です。

  • 「以前置いていた電話もなくなり、すっきりしました」と奥様。玄関ホールの床をダークブラウンから白に変え、すっかり明るいイメージに一新しました。

リフォーム内容

改修内容
LDK改装、キッチン設備交換、浴室・洗面・トイレ改装、和室改装、玄関・廊下改装
施工会社
セキスイファミエス東海(株)

住まいデータ

ご家族
M様
建物タイプ
ツーユーホーム NEW A-Ⅱ
築年数
築20年
家族構成
ご主人(40代)、奥様(30代)、ご長男、ご長女、ご次男の5人ご家族と、愛犬のコーラちゃん

地域の条件・住宅のタイプ・建物の仕様によっては、同じように対応できないケースもあります。

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

オーナーサポート

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅