セキスイハイム・ツーユーホームにお住まいの方向けサイト

case100
価値ある住まいの継承

家を守り、未来へつなぐ。
親子それぞれ、
価値ある実家を住み継ぐ

福岡県/ハイム アバンテFS

ナチュラルで明るいインテリア

Before

ご要望

  • 親世帯の使っていた家を、子育てしやすくしたい
  • 展示会で見た床を使って、明るい内装にしたい

空間的な悩み

  1. 自分が育った家。自分たち家族で住むなら、リフォームしたい

これまでの住まいの間取り(1階)

After

1
2
3
4

はリフォーム箇所

イマドキの間取りで、子育てしやすく

  1. 1一段高い畳座を新設
  2. 2収納力のあるW.I.C.を設置
  3. 3書斎コーナーを配置。将来は、お子様の勉強スペースに
  4. 4床暖房をプラスした、ひと続きのLDKに

担当から

ちょうどお子様が誕生される頃でしたので、ご家族でゆっくり過ごせて、のびのび子育てができるプランをご提案しました。

セキスイファミエス九州(株)

畳座が「子どもスペース」として大活躍

リフォーム後の暮らし

風通しの良い、やさしいトーンのLDK

前の家が思い出せない!

「リフォームして住めば?」セキスイハイムの展示会に行った際の、ご両親のふとした一言をきっかけに、ご自身が育った実家を受け継ぎ、全面改装することに。「自分が育った家ですが、リフォーム前の空間が思い出せないくらい変わりましたね。明るく広い住まいにできて、うれしいです」と、笑みがこぼれるご主人です。

インテリアは、奥様ひとめぼれの床材をベースに、明るくナチュラルな“北欧風”でコーディネート。ご夫婦そろって、その広さと快適さに満足されています。産休中、ママ友と集まる際は、ほとんどこちらのお家に集まっていたそうです。「友人のみんなからうらやましがられます」と、奥様。

お子様の成長を第一に考えたプランに

子育てに役立つ畳コーナー

リビング奥に設置した畳座は、小さなお嬢様がお気に入りの遊び場所。お昼寝スペースとしても大活躍です。下部には引き出しを備え、お子様のものを収納されているそう。

また、母屋との間にある広いお庭に三世代が集い、バーベキューやたこ焼きを楽しまれる機会も増えたとか。「子育てに関しても、両親にはいつもお世話になっています。」と奥様。楽しいことを共有し、助け合うご家族の姿が素敵ですね。

室内干しもできる、広々としたW.I.C.

収納も室内干しも!マルチに使えるW.I.C.

リビングの一角には、W.I.C.を設けました。大容量の収納で、乾燥機に入れられない奥様のおしゃれ着も干せる、使い勝手の良い空間が生まれました。

また、手前には書斎スペースを設置。現在はご夫婦が書類を置く場所として使われていますが、将来的には、お子さまが勉強するスペースとしての利用を想定しています。程よく仕切られた、リビングとの心地よい距離感で、勉強もはかどりそうです。

リフォームで、暮らし豊かに!

  • トイレは、ダークブラウンのアクセントクロスに石調の床を採用。ご主人好みの濃い目のコーディネートです。

  • 同時リフォームした築約100年の母屋は、柱などの元々の素材をできるだけ活用。子世帯の明るいテイストに対し、こちらはシックで落ち着いたトーンに。

  • 母屋の障子は採光窓に再利用。「工事の皆さんが解体時から部材を丁寧に扱ってくれましたが、ここまでできるとは驚きです!」と、お父様。

リフォーム内容

改修内容
LDK改装、キッチン設備交換、浴室・洗面・トイレ改装、和室改装、玄関・廊下改装
施工会社
セキスイファミエス九州(株)

住まいデータ

ご家族
H様
建物タイプ
ハイム アバンテFS
築年数
築22年
家族構成
ご主人(20代)、奥様(20代)、ご長女の3人ご家族

地域の条件・住宅のタイプ・建物の仕様によっては、同じように対応できないケースもあります。

ページ上部へ

セキスイハイムは、地球環境にやさしく60年以上安心して快適に住み続けることのできる住まいです

注文住宅

分譲地

賃貸住宅

オーナーサポート

リフォーム

中古住宅

住み替え

高齢者住宅